本文へスキップ

親子で学ぶ小学受験 本好きの子に育てる

電話でのお問い合わせはTEL.03-3683-4152

〒136-0071 東京都江東区亀戸2-27-13

巣立ちへの道SUCCESS STORY

普段どおりやればだいじょうぶですよ

星美学園・聖学院・浦和ルーテル学院小学校合格  M・Yさんのお母様

 今回、長倉先生のご指導のおかげで、第一志望の星美学園のほか、聖学院、浦和ルーテル学院に合格することができました。若鷲会を知ったのは、8月末に見学に訪れた聖学院小学校の前でパンフレットをいただいたことがきっかけです。娘の小学校受験は、年長の6月という遅いスタートでした。それまで、幼児向けの(受験用ではない)通信講座は受講しており、ひらがなの読み書きができていたので、小学校受験でもさせてみようかと急に思い立ち、娘の「お受験」が始まりました。しかし、スタートが遅かったため、自宅近くの幼児教室では受験コースに空きがなく、通常のクラスに所属しつつ、可能な限り受験に関するアドバイスをもらう、という形で勉強をしていました。そのような中、若鷲会に出会うことができたのはとてもラッキーでした。パンフレットにあった、「若鷲会秋期特別講習・志望校別演習(川村・国府台・聖学院・星美)」(9月、10月)に申し込みました。小学校受験の塾として受講したのは若鷲会だけということになります。
  若鷲会の特別講習は実践的で、ペーパー試験と行動観察、面接をひととおりやってくださいます。それまで、小学校受験の全国模試を2,3回受けていましたが、どの志望校もE判定で自信をなくしていましたが、若鷲会の演習は志望校のレベルにぴったり合っていて、かなりよい点数をとることができました。娘もちょうどよい手応えを感じることができ、自信と励みになったようでした。娘が勉強している間、私たち母親は長倉先生に小学校受験の動向や勉強のさせ方、面接の心構えについて伺ったり、大変親身に相談に乗っていただくことができました。先生の言葉で印象に残っているのが、「小学校受験は学校ごっこ」という言葉です。子どもたちにとって受験は苦しいものではなく、小学校での勉強に期待をふくらませる楽しい経験なんだということを教えていただきました。先生のおっしゃるとおり、娘は合格不合格ということよりも、他のお友達と一緒に問題を解いたり、行動観察でゲームをしたりすること自体を楽しんでおり、親としても肩の力を抜いて、気持ちに余裕をもって受験に向き合うことができたと思います。
 受験日の前などには、こまめにお電話をいただき、「普段どおりやればだいじょうぶですよ」と心強い言葉をかけてくださったりしました。志望校の傾向にあった実践的な演習だけでなく、生徒と保護者両方への精神的なサポートのおかげで、娘は合格を勝ち取ることができたのだと思います。長倉先生、鈴木先生、ありがとうございました。


 →「進学校別合格体験記」(目次)に戻る
 →「年度別合格体験記」(目次)に戻る


information

若鷲会

〒136-0071
東京都江東区
亀戸2-27-13
TEL.03-3683-4152
FAX.03-3683-4157